2016年1月27日水曜日

学びあい


小学2年生が、宿題の分からないところを一生懸命教えていました。

「学び合い」は、とても大事な学習方法で、教えることで曖昧だった自分の知識を定着させることができます。また、先生と生徒の関係だけではコミュニケーション能力が不足することが懸念されます。

子ども同士の関わり合いをできるだけ増やすように大人が支援する必要が高まる時代です。


0 件のコメント:

コメントを投稿